チャンスは思春期前まで!生活習慣次第で子供の身長は伸びる!?

 

  • 同世代の周りの子よりも小柄
  • 好き嫌いがあり、野菜や牛乳など残しがち
  • あまり運動せず、睡眠時間も大人と同じ

 

お子さんがこれらに該当するとしたら要注意です。子供の成長と切っても切れないもの、それは生活習慣です。
睡眠・食事・運動の3つの生活習慣を改善することで子供の成長を促すことができます。

 

なお、生活習慣を改善したとしても時期によっては手遅れになってしまうことも。ここでは成長に必要な生活習慣と成長のリミットについてご紹介します。

 

 

子供の身長が伸びる仕組み

 

身長は骨が成長することで大きくなっていきます。骨には両端に骨端軟骨と呼ばれるやわらかい組織があり、軟骨細胞が増加することで硬い骨へと成長し、骨が伸びていきます。

 

この軟骨細胞を増加させる働きをするのがソマトメジンCと呼ばれるホルモンです。

 

では、ソマトメジンCはどうやって作られるのでしょうか?
ソマトメジンCは肝臓で生産されますが、生産を指示するのは脳下垂体で分泌される成長ホルモンです。
つまり骨を大きく成長させ、身長を伸ばすためには成長ホルモンの分泌がカギとなってきます。

 

また、骨端軟骨の増加は思春期が終わると止まってしまいますので、成長のリミットは思春期までという点にも注意しておく必要があります。

 

子供の成長のリミット

思春期の終わりと共に成長はストップしますが、最終的な身長は思春期前までに決まってしまいます。
思春期には大きく身長が伸びますが、誰でも大きく伸びる時期です。より伸ばしたいのであればできるだけ早い年齢から生活習慣を見直し、思春期を迎えましょう。

 

成長ホルモンを分泌させるには

3つのよい生活習慣を取り入れることで成長ホルモンの分泌は促進されます。

  1. 栄養バランスのとれた食事
  2. 適度な運動
  3. よい睡眠

栄養バランスのとれた食事

 

忙しいとついつい外食やお惣菜に頼ってしまいますよね。
でも栄養バランスを考えるならやっぱりおうちで食事を作ってあげましょう。
栄養バランスのとれた食事を作るには五大栄養素を考えて作ることがポイントです。

五大栄養素

五大栄養素・・・

  • タンパク質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • 無機質
  • ビタミン

 

タンパク質

タンパク質は体を構成するすべての元となります。(骨・筋肉・皮膚・髪・爪など)
動物性のものと植物性のものがあり、どちらも成長に欠かせない栄養素です。
動物性は肉・魚・乳製品・卵など、植物性は大豆・穀類などです。どちらもバランスよく食事に取り入れましょう。

脂質

脂質は体を動かすエネルギー源になります。
体の中に蓄えてから消費していくものなのでとりすぎると肥満になり、不足しすぎると免疫力が低下してしまいます。
肉・魚を適度に摂るようにしましょう。

炭水化物

炭水化物は体と脳を動かすエネルギー源です。
特に頭を働かせるのに必要不可欠な栄養素です。炭水化物は集中力を持続させる効果があるので不足すると集中力が低下します。
お米・パン・麺類が炭水化物の代表的な食べ物ですが、脂質同様にとりすぎは肥満に繋がりますので適度な量にしましょう。

無機質

無機質は全部で16種類あり、骨や歯を強くするカルシウム、血液の酸素濃度を増やすミネラルなどが代表的です。
無機質は体の中で作ることができないので食事やサプリメントを摂取することで体に取り込む必要があります。

ビタミン

ビタミンは体をいろいろな菌から守ったり、他の栄養素の働きをサポートします。全部で13種類あります。
全てのビタミンをとるには色々な食材から摂取する必要があり、食事ですべてを摂取するのは現実的ではありません。
体の成長に必要なビタミンであるビタミンA、ビタミンB2、ビタミンDを中心に食事に取り入れるようにしましょう。

栄養サプリを併用してみることをおすすめします

 

毎日栄養バランスがとれたメニューを作るのか・・・

 

なんて不安になりますよね。仕事・家事・育児で忙しい中、時間をやりくりしてご飯を作っている人が多いと思います。
そんな状況で栄養バランスを気にしながら毎日料理するなんて結構ハードル高いですよね。

 

最近は不足しがちな栄養を補給するためにサプリメントを活用している親御さんが多くなっています。
休日はしっかりと栄養バランスのとれたメニューを作り、平日は栄養サプリを併用するのもよいのではないでしょうか。

 

適度な運動を心がけ

運動による成長ホルモンの分泌

運動することで成長ホルモンの分泌が促進されます。有酸素運動であれば血中の一酸化炭素の濃度が増えるので成長ホルモンの分泌が促進されます。
また、無酸素運動であれば乳酸が蓄積されることで成長ホルモンの分泌が促されます。どちらも適度に織り交ぜると効果的です。

運動による良い睡眠

運動することで肉体的に疲労しますので深い睡眠が得られます。疲れ果てて寝た子供が朝まで起きなかった経験はないでしょうか。運動することで睡眠中の成長ホルモンの分泌量も増えますので運動を習慣づけることから始めましょう。

早寝早起きでよい睡眠を


昔から「寝る子は育つ」と言われていますが成長ホルモンが最も分泌されるのは睡眠中です。
子供の夜更かしはもってのほかですので早寝・早起きを習慣づけるようにしましょう。

低身長症は医師の判断を仰ぐ

子供の身長が成長曲線を下回っている場合はまず小児科医に診察してもらうようにしてください。
成長曲線は母子手帳に載っていますので知らないお母さんはいないとは思いますが、明らかに成長曲線を下回っている場合はホルモン分泌異常などの体の異常が疑われます。

 

ホルモン分泌異常による低身長症と診断された場合、成長ホルモン投与治療によって身長を伸ばすことができます。
小さいうちから始めるほど身長を伸ばす効果が得られるため、少しでも心配な点があれば早めに診察するようにしてください。

子供の成長のために

親であれば子供がすくすくと成長してくれることほどうれしいことはありません。
子供の成長に必要な3つの生活習慣をサポートしてあげてください。

 

栄養バランスのサポートにはアスミールがおすすめです。

 

下記ページでアスミールの口コミや効果について詳しく紹介していますのでご覧になってみてください。

 

関連記事

【ママ必見】アスミールの口コミ・効果がすごい!成長の悩み解消!?

アスミールの口コミ・効果が知りたいママさん必見です!成長効果の有無を息子と3ヵ月試した体験レビューをご紹介します!

▲TOP